その二四

 生きていけること 
 今、一人で生きていけるかといったら、難しい、人から助けて貰わなければ大変だろう。
 もっとも、誰もが本当に一人で生きているわけではないのだが、それでも、不自由な身体では多くを人から助けられて生きている。

 もし、生きている時代が原始時代だったら、この不自由な身体では何日も生きていけないだろう。
 食料を得ること、身を、家族を守る事は出来ない、他の仲間も余裕は無いだろう。

 江戸や、その前の時代では、資産があり、裕福だったら少しは何とかなっただろうが、その時代の大多数の人、その日をやっとのようなお百姓だったら、本人も周りも、生きていくことを諦めてしまっているのではないか。

 今の時代は恵まれた時代なのでしょう、弱者も生きていける時代なのだから、弱いもの、劣ったものは生きていくことは難しい、自然の摂理から考えると、生きていけることが良い事なのか。

 恵まれた時代、所としか言いようが無い、でも良いことです、弱者が全て切られてしまうことより、人間的だと。
 3N 
 以前、3A、アテネ五輪で活躍した水泳の柴田亜衣選手の「慌てず焦らず、諦めず」というのが片麻痺の私にも合うとのようなことを書いたが、今回は自分でも考えたのが「嘆かず、悩まず、無くさず」という3Nです。

 嘆かずは、今の境遇、不自由な身体を「嘆くのは」止そう。

 悩まずは、何でこんなに成ってしまったのか、如何してなのかと「悩むのは」止そう。

 無くさずは、社会に関わる意欲、少しでも身体の状態を良くしようと意欲を「無くさず」

 ということです、人によりいろいろ当てはまることがあるのではないでしょうか。
12月30日

戻る

inserted by FC2 system