その十四

 生き方
 人それぞれ、皆、その時、その時を決断して歩んでゆきます。

 場合により、その時の決断で生き方も変わってゆきます。

 でも生き方が変わるのは自分の決断だけでないことはもちろん、思いも懸けない出来事でも変わります。

 良いのか悪いのか解りません、一つの生きかたしか経験できないし、結果なのですから。

 今回、病気によって私の生き方も変わってしまいました。

 病気にならなければ、その生き方では、仕事で定年までの大部分は単身生活が続いたでしょう。

 それなりに、ささやかな望んでいた出世もしたでしょう。

 今は、家から通える職場で仕事が出来るようになりました。

 朝晩、高校生の娘2人と、職場と学校へ一緒に車に乗って通ってます、あんまり話をすると嫌がられますが、乗っけて行っているので、強気です。

 まあ、話には成っているのでしょう。

 家のものと一緒にいる時間が大きく増えました。

 家族皆と外には中々出かけられなくなってしまった身体と引き換えにです。

 良かったのか悪かったのか、今のところ井戸のつるべです。

 望んだ生き方ではありませんが、受け入れるしか仕方がありません。 
 7月31日

戻る

inserted by FC2 system