その十三

 この世界のこと2
 この世界、宇宙、時空間のことについて、最近、驚くようなできごとが解ってきてるらしい。

 この世界は、150億年ぐらい前に生まれたようで、その後、100億年ぐらいして太陽系が、地球が、星間の元の物質と100億年掛けて作られた物質により出来て、その後、50億年ぐらい経って、今があるようです。

 太陽はまだ50億年ぐらい持つようですが、後、5億年か10億年ぐらい経つと膨れて大きくなるので、その時は地球も大変です。

 で、この世界はどうなるのかって、それは、この宇宙にある、ダークマタ−とダークエネルギーに掛かってているそうです。

 少し前までは、膨張している宇宙は、このまま膨らんで行くのか、やがて、止まり、収縮するのか良く解らなかったようですが、最近驚くことが解ってきたというのです。

 それは、宇宙が出来て50億年経ったころの所(今見ることができる一番遠い星の世界は、光が届くのに百何十億年も掛かるところなので)での膨張の速度は加速していることです。

 それで、どうなるのかって。

 そのまま加速しているのなら、やがて、遠い将来、銀河どうしは離れてゆき、星々も離れてゆき、見えなくなって、最後には冷えた、輝きの無い世界になるようです。

 もっとも、これは、今から、何千億年したらの時のことですが。

 その時、神様がいれば、何をしてるのでしょうか。

 無から新しい世界の卵を取り出しているのでしょうか、それとも、また、同じこの世界の卵を取り出そうとして考えているのでしょうか。
 
 7月31日

 

戻る

inserted by FC2 system