その十

 神様のくれた時間のもう一つの意味
 『神様のくれた時間』には、「もしかしたら無かった時間が神様から与えられた」という意味の他に、もう一つの意味があるのです。

 それは、「試練」なのだと思っています。

 時間では無く試練が与えられたのです。

 この試練は辛いものです。

 何の為に、何故自分にと聞いても答えてはもらえません。

 ただ、、この試練の後には、その人にしか得られないものが待っているし、あるはずだと思っています。

 何かは分かりません、失ったものと比べることもできません。

 自分を信じましょう。

 今、多くの人が、この試練に耐えています。

 この試練、今は、どうしてなのか多くなっているような気がします。

 試練はもう必要ないという人は、きっと、無かったかもしれない時間を頂いたのです。


 私の場合は、どっちなのでしょうか・・・

 もっと大変な人がいる
 「もっと大変な人がいるんだから」と自分を慰めても何にもならない。

 自分は自分で自分でしかありえない。

 人と比べて自分を慰めても仕方ありません、自分は変わらないのですから。

 何にもならないのです。

 それより、今の自分と真正面から向き合うしかないのです。

 向き合って、取り組むしかないのです。

 自分なのですから。

 人の痛み苦しみは、分かりません。ただ、この病気での後遺症が重い人の大変さは分かります。

 だって、今の自分の後遺症でも時々嫌になるぐらいなのですから。

                                   7月14日

戻る

inserted by FC2 system