● 神様のくれた時間 ●


 脳卒中になって、途惑わない人はいないと思います。私は、無神論者だと思っていましたが、病気になって、神様は、もしかしたらいるのかではないかと少しだけ思うようになりました。

 脳卒中にならなくても、人は悩む事は幾らでも有ります。

 辛い事は幾らでも有ります。

 私は、この病気になって、気持ちが萎えた時は、私の今の時は 『神様のくれた時間』なのだ、ガンバレと思う事にしました。

 私の知人、友人には、道半ばにして亡くなってしまった人がいます。でも、お前は死ななかったじゃないか、今があるじゃないか。

 障害だってもっともっと大変な人がいるじゃないか。 たくさん頑張っている人がいるじゃないか。

 甘えるなと!

 そんなふうに考えて頑張ろうと思いました。 そして生きます。

 仏教には、少し関心があります。

 『未来永劫の時(お釈迦様没後56億7千万年) が過ぎた後、弥勒菩薩という仏様が現れ、万物皆を救ってくれるというところに。』


戻る
inserted by FC2 system