8) 1ヶ月

身体は痛いけど

 新しい職場でも、1ヶ月が経ちました。最初の1〜2週間は一番、身体が辛いときでした。朝8時半から夕方5時過ぎまで椅子に座って仕事をしていると、腰というより、腰の上の背中が痛くなります。

 時々立って、背筋を伸ばしたり、トイレのついでに、彼方此方、廊下を歩き、上半身の調子を整えたりします。

 でも、夕方、仕事を追える頃は、足もむくんで、棒のような感じがします。

 身体は痛いけど、仕事が出来るようになったことは、一年前は病院で、まだ、今頃は、一人で立っていられなかったのですから夢のようです。 うれしいことです。

 事務所での事務的な仕事は久しぶりです、新しいシステムも入っており、周りに聞きながらですが、どうにかこうにか出来ました。

油断大敵

 仕事に出始めて、八日目に、2回も転んでしまいました。腰から落ちたので、何でもありませんでしたが、ビックリしたやら、これからへの自信も無くなるやらでした。

 1回目は、外のプレハブの会議室から外に出るとき、結構な段差があって、杖で降りようとして、足が内側に入り足の外を捻って、身体が支えられず腰から、後へ倒れました。

 2回目は、室内、これが結構、床の上が乱雑で、杖を使わず、歩いて、左前方に行こうとして、これも足の外を捻り身体を支えられませんでした。

 面倒くさがったのが間違いです、人の目を気にしていたのか、でも、右手で杖を使うと、プリントアウトの紙等、書類が持てなかったからでもあるのですが。

 それからは、杖は離さないように、紙類はなるべく取ってもらうようにし、段差のところで掴まれる時は掴るようにすることにしました。

 油断大敵です。

 一日

 月曜から金曜日の一日は、職場復帰前と大きく変わりました。

 朝は五時半頃起きるようになりました、家を七時半から八時前に出るには、早起きが必要です。

 身体も、起きて二時間以上経たないと、しっかりしません。

 起きたら、三十分位かけて体操です。その後、朝食、洗面、着替えをすると、もう七時半ぐらいになってます、何をするにも時間が掛かります。

 出かける準備が出来たら、玄関を出て車まで行きますが、車に行ってエンジンをかけるまでには五分はかかります。

 時には、娘も(職場と娘の学校が近いので)車に乗っていきます。

 職場は八時半始まりです、八時二十分頃、職場に着きます、入口を入った所にには折りたたみ椅子を置いて貰っていて、其処で上履きに履き替えます。

 仕事はパソコンでしますが、書類を見たり、はんこも押したりしますので、机の上は右手だけでも使いやすく整理しています。

 打合せも時々あるので、その時は会議室に移動します。

 昼食は、十二時から仕事の机で食べます。

 終業は午後五時ですが誰も帰りません、私は、五時半ぐらいには帰らせてもらいます。

 帰ってきたら、着替えて、月曜と水曜は、そのまま直ぐお風呂に入ります。(お風呂は、金曜の帰宅後入らなければ、土曜の昼間に入ります。夏になったら、毎日シャワーでしょうか)

 七時から八時の間に夕食、その後、毎日ではありませんが体操をします。

 もう、この後は、布団に入って、ニュースを見て、面白そうな映画がやっていれば見ますが、そうでなければ、九時過ぎには就寝です。
 一日はあっという間です。

 ・・・ おやすみなさい・・・

戻る

inserted by FC2 system